2007年04月06日

Macを暗記カードにする

[PR]【送料500円】世界初!Macも使えるワンセグレシーバー

何かをダウンロードしているときや、動画を変換している時などの手が空いたときにお勧めのアプリケーションがこの

Ebbinghausです。

上記リンク先からZipファイルをダウンロード、解凍後、アプリケーションフォルダへコピーし、インストールを完了します。

Ebbinghousを起動すると、こんな画面が表示されます。

Ebb.jpg

左上にある「Study」ボタンを押すと、暗記に使用するカードを選択することが出来ます。

ebb2.jpg

ここでは、「Order」の項目で、
  • カードの表から表示するのか裏から表示するのか
  • カードの順番をシャッフルするのか
  • カードを何枚使用するのか
を設定することができます。

設定が完了したら「Study」ボタンで暗記を開始しましょう。

ebb3.jpg

表示された単語の裏面を答えることが出来れば「Correct」できなければ「Wrong」ボタンを押します。
答えを見るときは「Show Back Side」ボタンで確認できます。

正解した項目は「Progress」ゲージが増え、覚えた単語と覚えられていない単語の区別をすることが出来ます。

新しいカードを追加する場合は、メニューバーの「Card」→「Add Card」で追加することが出来ます。

単語を追加する場合は、カードを選択し、画面の下の方にある「+」ボタンでカラの単語を追加し、表、裏にそれぞれ内容を入力します。

基本的な使い方はこんなところです。

あなたの手でブログランキング上位へ連れて行ってください↓
banner_03.gif

コメントに感想、質問、書いて欲しい記事のテーマなどを記入していただけると嬉しいです。



Mac好きTopへ


新生活2007特集

ラベル:Mac 暗記
posted by Mr.田代 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Macでできること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Related Posts with Thumbnails
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。